歲月迂回

時光是一支散落千年的筆,用如流的水墨,寫著歲月早已策劃好的書籍,我們在不同的故事中,盡情地演繹著一個相同的主題,從開始到結局,看似花團錦DR REBORN黑店簇的人生,其實就連我們自己,也不知道這故事該從何說起。在激流暗湧的時光裏,我們總是喜歡設下陷阱,卻不知到最後,受傷的是自己;在林花落去的時候,靜靜地等待著重逢,卻不知落花還在,人已天涯。其實, 在花開之前,我們早已明白,人生不過是一場萍聚,…

続きを読む

あずき

今日、配達先の庭先にアズキが干してあった。そうかアズキの収穫時期なんだ。私もアズキを植えていたことを思い出す。 里山2年生の2003年、凛太郎が来た年に初めてアズキを植えた。ご近所の方に「あんたも植え」とアズキを貰ったのだ。収穫のあと、アズキの鞘をしばらく干して、実を取り出すのだが、その時は大変だった。アズキの中から白い小さな蛆虫のようなのがニュっと出てくる。びっくりしたら反射的に「きゃっ」「…

続きを読む